<<< 研究大会ニ戻ル

2019年度三田図書館・情報学会研究大会研究発表

病院組織における患者図書室:フィールドワークに基づく探索的検討

阿久津達矢 (慶應義塾大学大学院)

発表要旨

病院内の患者向け図書室の設置数は、患者を中心とした医療の実施に向けた様々な動向もあり、近年増加傾向にある。こうした施設についての先行研究や事例報告は、患者図書室の設置体制やサービスに注目し、その多様性を明らかにしてきた。また、病院内の一部署としての患者図書室という視点からその患者支援機能の多様性を調査によって検討する研究がなされるなど患者図書室に関する研究は一定の前進を見せている。しかしながら、現在までに、病院組織における施設としてそうした場をサービスの提供者側である司書やスタッフがどのようにデザインしており、利用者はそうした場をいかに利用しているのかということを具体的に明らかにした研究はない。本研究は、ある大学病院における患者図書室を対象に、観察調査および運営担当の司書やスタッフにインタビュー調査を行い、その論点についての探索的な検討を通してそうした場の多様な利用方法を明らかにした。