<<< 研究大会ニ戻ル

2019年度三田図書館・情報学会研究大会研究発表

中国四川省における公共図書館の高齢者サービスの現状:政策と現地調査の分析から

張 心言 (慶應義塾大学大学院)

発表要旨

現在、中国では人口高齢化の問題が深刻に受け止められている。こうした高齢化社会を迎える時代背景を受け、重要な公共文化施設である公共図書館では、ある程度の動きが見られるようになってきた。しかし、日々の来館者に高齢者が増える傾向があるものの、図書館における高齢者を対象とするサービスはそれほど積極的に行われてこなかった。本研究では、中国の図書館政策に焦点を当てて概観した上で、2019年8月の間、中国の西南部に位置する四川省の省都――成都市における省級(1館)、市級(1館)、区級(全10館のうち2館)の三つのレベルで設置された計4館の公共図書館を対象とし、現地調査と図書館の管理層への個別面談調査を実施した。以上の調査から、中国都市部における公共図書館の高齢者サービスの実施の現状を明らかにし、更にそのサービスの展開を制約する要素の分析を行った。