Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS056001)

著者
瀬戸口誠
和文タイトル
情報リテラシー教育における関係論的アプローチの意義と限界:Christine S. Bruceの理論を中心に
英文タイトル
Significance of and Limits to a Relational Approach to Information
掲載号・頁
No.56, p.1-21
発行日
2007-01-25
和文抄録

本論文の目的は,情報リテラシー教育においてChristine S. Bruceが提唱した関係論的アプローチの意義と限界を明らかにすることである。

情報リテラシー教育では,教育の基底にあるアプローチが,ほとんど論じられてこなかった。本論では,情報リテラシー教育の主なアプローチとして,Bruceが類別する行動科学的アプローチ,構築主義的アプローチ,関係論的アプローチの三つを取り上げ,その特質を分析・比較した。分析の視点としては,各アプローチの人間観と情報利用観が重要となる。なぜなら,社会における共有知の習得である教育を検討するには,人間を社会の成員としてどのように理解するのかが重要であり,情報利用に関わる能力である情報リテラシーを検討するには,情報利用の捉え方が重要となるからである。比較の結果,Bruceの提唱する関係論的アプローチが,人間の意味付与と意味付与の対象の双方を組み込むことによって,行動科学的アプローチと構築主義的アプローチの限界を克服していることが明らかになった。さらに,状況論を関係論的アプローチに導入することによって,その限界を克服し,情報リテラシー教育に新たな可能性が開けることを示唆した。

英文抄録

The purpose of this paper is to discuss the significance of and limits to Christine S. Bruce’s relational approach in information literacy education.

In information literacy education, the approaches that exist in the base of education have not been discussed adequately. In this paper, we review and analyse the characteristics of three approaches to information literacy education based on Bruce’s classification: the behavioral approach, the constructivist approach, and the relational approach. The analysis is based on the perspective of the human user and information use. Because understanding human beings as members of society is important to examine education, which makes human beings acquire shared knowledge in a society, and the perspective of information use is important to examine information literacy, which is ability related to information use.

As a result of our comparison, we suggest that Bruce’s relational approach, which combines both human sense-making and the objects, overcomes the limits of the behavioral approach and the constructivist approach. Further more, we suggest that introducing a situational approach to Bruce’s relational approach overcomes the limits of the relational approach and offers a new perspective on information literacy education.

論文本文
本文PDF (1,282K)
種別
原著論文