Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS060061)

著者
桑原芳哉
和文タイトル
公共図書館評価におけるアウトカム指標:行政評価の事例調査に基づく提案
英文タイトル
Outcome indicators for public library evaluation: A proposal based on case studies of administration evaluation by local governments
掲載号・頁
No.60, p.61-86
発行日
2008-12-31
和文抄録

【目的】本研究の目的は,行政評価による公共図書館評価におけるアウトカム指標の実態を調査し,既往研究において公共図書館評価のアウトカム指標として提示されている指標との比較を行うことにより,アウトカム指標としての問題点を指摘するとともに,適切なアウトカム指標の提案を試みることである。

【方法】研究方法としては,自治体が公表している行政評価の実態調査とその分析により行った。具体的には,各自治体のホームページ等で公開されている行政評価の評価票からアウトカム指標を採取し,4種の類型に分類したうえで分析を行った。

【結果】調査の結果,各自治体がアウトカム指標として採用している指標としては,貸出冊数など本来アウトプット指標として考えられる指標が多数を占め,既往研究において図書館評価のアウトカム指標として提示されている指標の採用例は少ないことが判明した。アウトカム指標を想定しつつ,その測定が困難なため,アウトプット指標により代替させたと認められる事例もあるが,アウトプット指標を成果そのものと認識していると判断できる事例も多く,図書館サービスの成果に関する自治体関係者の認識に課題があるものと推察される。公共図書館評価におけるアウトカム指標として,適切かつ測定が容易で各自治体で活用が可能な指標として,経済的価値,利用者にとっての効用,地域社会への貢献という3つの視点から提案を試みた。これらの指標が実際に活用されるためには,関連機関との連携の強化や国などによる環境整備が求められる。

英文抄録

Purpose: The objective of this research was to investigate the status of outcome indicators for the assessment of public libraries adopted in public sector evaluations, to identify issues associated with outcome indicators, and to propose appropriate indicators. This was done by comparing outcome indicators proposed for assessing public libraries in previous studies.

Methods: The actual conditions in public sector evaluations officially announced by local governments were investigated. Specifically, outcome indicators were gathered from assessment reports of public sector evaluations made public on the web-sites of local governments and were analyzed based on classification into four types.

Results: Most of the outcome indicators adopted by local governments were as expected, such as the number of books loaned. There were very few cases of using indicators that had been suggested in previous research. Because it was difficult to measure outcome indicators, there were few examples that were replaced by output indicators, however, there were many examples in which output indicators are possibly assumed to measure the outcome of library services, and it was assumed that local government staff were not aware of the results of library services. This research suggests that some outcome indicators are more appropriate for assessing public libraries from the three viewpoints of economic value, benefits to users and contribution to communities.

論文本文
本文PDF (1081K)
種別
原著論文