Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS065001)

著者
酒井由紀子
和文タイトル
健康医学情報を伝える日本語テキストのリーダビリティの改善とその評価:一般市民向け疾病説明テキストの読みやすさと内容理解のしやすさの改善実験
英文タイトル
Improvement and Evaluation of Readability of Japanese Health Information Texts: An Experiment on the Ease of Reading and Understanding Written Texts on Disease
掲載号・頁
No.65, p.1-35
発行日
2011-06-30
和文抄録

【目的】本研究の目的は,健康医学情報を伝える日本語テキストのリーダビリティの改善と評価の一連の手続きにおいて,包括的な改善方法と評価方法を記述的に確認し,今後の研究課題を明らかにすることにある。

【方法】医師が執筆した,慢性化膿性中耳炎の一般市民向けの日本語説明テキスト 1 件を取り上げ,改善と評価の実験を行った。最初に,リーダビリティに影響するとされる構文,語彙,テキスト構造のすべての要素について,方法を変えて改善したテキストを 2 種類用意し,オリジナルテキストと合わせテキスト分析を行った。次に,大学生 91 名にこれら 3 種類のテキストのいずれかを割り当て,Web テストを行った。テストでは,読みやすさの指標としてテキストを読む所要時間を計測した。内容理解のしやすさの指標として,選択肢問題の回答と,「読みにくい点・わかりにくい点」の具体的な指摘を求めた。

【結果】構文的要素を改善し,語彙的改善として医学・医療用語に解説をかっこで補記し,テキスト構造を簡易な方法で改善したテキスト A は,内容理解テストの平均スコアはオリジナルテキストより高かったが,読みの所要時間は長かった。構文的要素を改善し,医学・医療用語を一般的な用語や表現に置き換え,テキスト構造を入念に改善したテキスト B は,読みの所要時間は短縮されたが,内容理解テストの平均スコアはオリジナルテキストと変わらなかった。また,本人に罹患経験があると所要時間が有意に短かった。これらの結果から,1)構文的改善は読みやすい印象を与えるが,他の要素の改善と対立が生じることがある,2)医学・医療用語の改善は自然な置き換えや文中での説明の補足が望ましい,3)テキスト構造は,今回の改善・評価方法では問題が多くその効果は明らかではない,4)読み手としての人の特性を考慮した評価が必要である , 5)内容理解を正確に測定する選択肢問題の作成に課題があることが確認された。

英文抄録

Purpose: The present study comprehensively examined ways of improving and evaluating the readability of Japanese health information texts.

Methods: The author assessed the improvement and evaluation of a text written by a medical doctor for patients and the general public regarding chronic suppurative otitis media. First, two different Japanese texts were prepared according to three differing readability factors (syntax, vocabulary, and text structure) and the differences between the three texts including the original were verified. Second, 91 college students were assigned one of the three texts and asked to answer a web survey. Readability was assessed using the time taken to read the text, and comprehension was assessed by a multiple-choice test. Comments on the readability of the text were also collected.

Results: Modified Text A with explanations of medical terms in parentheses was more understandable but more difficult to read. Modified Text B, which replaced medical terms with general vocabulary and consolidated the text structure, was more readable but less understandable. Experience of the disease affected the readability. The following conclusions were drawn: 1) syntactic factors contributed to the impression of ease of reading, but conflicted with other factors; 2) medical vocabulary should be replaced with general vocabulary or accompanied by explanations in phrases; 3) the effect of the text's structure on comprehension was not clear due to the problems of improvement and evaluation methods; 4) some human factors should be considered when making the evaluation; and 5) valid comprehension tests are challenging.

論文本文
本文PDF (1230K)
種別
原著論文