Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS066001)

著者
向當麻衣子
和文タイトル
日本の著者名典拠データに FRAD を適用する際の課題
英文タイトル
Issues on Consistency of FRAD with Japanese Name Authority Data
掲載号・頁
No.66, p.1-36
発行日
2011-12-26
和文抄録

【目的】 本研究の目的は,日本国内で作成される,日本人名・日本の団体名に関する著者名典拠『典拠データの機能要件(Functional Requirements for Authority Dataデータの構造や内容を分析し, ;FRAD)』を日本の著者名典拠データに適用する上で課題となる点を検討することである。

【方法】まず,FRAD 適用の要件として,日本の著者名典拠データに(1)国際共有のために典拠レコードに含めるべき要素を定めた,Mandatory Data Elements for Internationally Shared Resource AuthorityRecords(MLAR)の必須要素および推奨要素が含まれていること, 2)( FRAD の属性,関連の中で,既に FRAD への対応を済ませた UNIMARC 典拠フォーマット,MARC21 典拠フォーマットが採用しているデータ要素が含まれていること, 3)( 前記(2)の各データ要素を入力可能なフィールドが存在すること,の 3 要件を設定した。次に,日本国内で典拠ファイルを作成している 6 機関の典拠フォーマットおよびマニュアルを収集し,各機関が典拠ファイルに記述している典拠データ要素を抽出して, UNIMARC および MARC21 フォーマットに採用されているデータ要素とのマッピングを行い,これら 3 要件を満たしているか検討した。

【結果】国内の著者名典拠データは, 1)の要件はほぼ満たすが(2)と(3)の要件は満たしておら(ず,FRAD 適用のためには,実体「個人」「団体」の属性,異なる実体間の関連や,関連の種類など,のデータ要素,ならびにこれらを入力可能なフィールドを採用すべきであることが明らかとなった。さらに,日本の典拠データに含まれるが,UNIMARC,MARC21 フォーマットには採用されていない日本独自のデータ要素も明らかとなった。

英文抄録

Purpose: The purpose of this study was to analyze structures and contents of authority data on Japanese personal and corporate names, which were made in Japan, and to clarify the degree to which such data are consistent with Functional Requirements for Authority Data( FRAD).

Methods: Consistency was measured based on three conditions: (1) the data should have mandatory and highly recommended elements prescribed in Mandatory Data Elements for Internationally Shared Resource Authority Records(MLAR), which provides the basic data elements to be included for international sharing of authority data; (2) the data should contain elements adopted by UNIMARC Manual Authorities Format (UNIMARC/A) or MARC21 Format for Authority Data (MARC21/A), which have already been modified in accordance with FRAD; (3) the data should have fields or subfields allowing the incorporation of elements by UNIMARC/A and MARC21/A. If these conditions are satisfied, then the Japanese data may be sufficiently consistent with FRAD. This paper clarifies empirically whether the Japanese authority data fulfill the three conditions or not, by examining carefully authority formats and manuals obtained from six institutions producing such data in Japan.

Results: The results show that Japanese name authority data satisfy condition( 1) but not conditions( 2) and (3). In order to match the Japanese name authority data with FRAD, the data should be augmented by adding some attributes of entries “Person” and “Corporate body”, relationships between different entities and types of relationships. Also, fields for keeping these elements should be made available in the data. Furthermore, the examination revealed unique elements in Japan which are not included in UNIMARC/A and MARC21/A.

論文本文
本文PDF (425K)
種別
原著論文