Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS067063)

著者
須賀千絵
和文タイトル
英国の公共図書館政策におけるローカルガバナンスへの転換の影響:地域戦略パートナーシップと地域協定の意義と問題点
英文タイトル
Impact of the Shift to Local Governance on the UK s Public Library Policy: The Implications and Problems of Local Strategic Partnership and Local Area Agreement
掲載号・頁
No.67, p.63-87
発行日
2012-06-30
和文抄録

【目的】 英国では,ローカルガバナンスを実現するメカニズムとして,ブレア・ブラウン政権下において,地域戦略パートナーシップ(Local Strategic Partnership, LSP)と地域協定(Local AreaAgreement, LAA)の制度が導入された。本研究の目的は,公共図書館の立場から,LSP と LAA の制度の導入の意義と問題点を明らかにすることである。

【方法】制度の全体的な枠組みに関する文献調査と,関係者へのインタビューを含む Derbyshire とReading を対象とする事例調査を行った。事例調査においては,LSP の組織構造,計画内容,LAAの指標選択の過程,主要なパートナーと連携の内容,財源,評価方法,図書館に関する指標(NI9)が LAA に採用されたことや LAA の制度全般に対する認識に焦点をあてて分析を行った。

【結果】LSP と LAA の制度を導入した意義として,第一に,政策目標として NI9 が LAA の中に選定されれば,自治体経営において有利な立場を獲得できること,第二に,それまでの制度に比べて経営の自由度が拡大したことを指摘した。一方で次のような問題点があることを指摘した。第一に,LSP における LAA の指標の選定の根拠や過程が不明瞭であること,第二に,LAA においては具体的な連携内容まで規定するわけではないことから,必ずしも戦略的連携を実現する構造になっていないこと,第三に,LSP が地域の優先的課題として合意した内容と財源配分のしくみが連動していないこと,第四に,LAA の制度のもとでは,図書館分野の多様な利用の一端しか評価に反映できていないことをそれぞれ指摘した。

英文抄録

Purpose: In the UK, the Local Strategic Partnership (LSP ) and Local Area Agreement (LAA) were introduced under the Blair and Brown governments as mechanisms to achieve local governance. This study investigates the implications and problems of these programmes from the perspective of public libraries.

Methods: Literature research on the programmes ’ frameworks and a case study of Derbyshire and Reading, including interviews with the people concerned, were conducted. The case study focused on the structure of the LSPs, content of the plans, process of choosing LAA indicators, main partners and specific contents of the partnerships, financial resources, evaluation methods, perception of the fact that the indicator for the library service (NI9) was selected by LAA, and the perception of the entire LAA institution.

Results: The following implications of the institution were found: (1) If NI9 was selected, public library policy would be treated as a priority by the corresponding local government administration; (2) Compared to the previous institution, the library management’s freedom expanded. However, certain problems were also found: (1) The process and criteria of selecting indicators were not clarified; (2) Partnerships were not always strategic because their contents were not prescribed in detail by the LAA; (3) Local priorities were not coupled with financial resource allocation; (4) Only part of the various types of library use was reflected in the e valuation based on the LAA.

論文本文
本文PDF (751K)
種別
短報