Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS068001)

著者
小泉公乃; 國本千裕; 石田栄美; 杉内真理恵; 羽生笑子; 楊雯欣; 上田修一
和文タイトル
日本において電子書籍はどのように論じられてきたか:雑誌記事と新聞記事の内容分析による論点の整理
英文タイトル
How E-Books Have Been Discussed in Japan: Organizing the Discussion Points of E-Books by a Content Analysis of Magazine Articles and Newspaper Articles
掲載号・頁
No.68, p.1-22
発行日
2012-12-20
和文抄録

【目的】本研究の目的は,電子書籍に対する人々の意見がどのように変わってきたのかを内容分析と談話分析に基づいて明らかにすることである。

【方法】内容分析は,日本語の新聞記事と雑誌記事を対象として,電子書籍に関する論点を明らかにするために行った。同様に談話分析は,電子書籍の利点と問題点についての議論を明らかにするために行った。新聞記事は,1980 年 1 月 1 日から 2011 年 8 月 12 日までの朝日新聞,読売新聞,毎日新聞,日本経済新聞の全国紙 4 紙を対象に,各社の新聞記事データベースを用いて,電子書籍に関して検索し,得られた 4,438 件とした。これらを年代別に分け,全体に占める割合に応じて無作為に 400件を標本として抽出した。雑誌記事は,国立国会図書館の『雑誌記事索引』を用いて,新聞記事と同様の検索語を用いて得られた 1,108 件(異なりタイトル 286 件)から,電子書籍に関する記事を最も多く収録していた上位 4 タイトルの『印刷雑誌』,『出版ニュース』,『本とコンピュータ』,『週刊ダイヤモンド』に含まれる 236 記事を分析対象とした。分析は段落単位で行い,最終的に新聞記事(400件)と雑誌記事(236 件)を合わせた 9,074 段落が分析対象となった。

【結果】日本における電子書籍に関する論点は, 1)その異なり数が 12 から 19 に増加し,2)「課題」 ,「コンテンツ」, 「電子書籍端末」,「出版」,「市場」が多く論じられた。また,3)電子書籍端末とメディ-ROM が長期間にわたり論じられていたが,2009 年以降は論じられなくなり,代わってアでは,CDタブレット型情報端末が数多く言及されていた。4)電子書籍を論じてきた著者は雑誌記者と新聞記者が多く,ステークホルダーとしては,出版社とメーカーについて数多く論じられていた。

英文抄録

Purpose: The purpose of this study was to clarify how opinions on e-books have changed based on a content analysis and a discourse analysis.

Methods: A content analysis of Japanese newspaper articles and magazine articles revealed various arguments concerning e-books. Also, a discourse analysis clarified arguments concerning the advantages and disadvantages of e-books. By using the databases of the Asahi Shimbun, Yomiuri Shimbun, Mainichi Shimbun, and Nihon Keizai Shimbun and retrieving newspaper articles about e-books published from January 1, 1980 to August 12, 2011, 4,438 articles were obtained, of which 400 randomly-sampled articles were analyzed. Also, by using the National Diet Library̶OPAC and retrieving magazine articles about e-books, 1,108 articles (286 magazine titles) were obtained, of which 236 articles from the magazines Insatsu Zasshi, Shuppan News, Hon To Computer, and The Diamond Weekly were examined. Each of the articles was separated into paragraphs, and a total of 9,074 paragraphs were analyzed.

Results: Our findings indicate that: (1)the number of discussion topics concerning e-books has increased from 12 to 19, (2)‘problems’ , ‘contents’ ,‘e-book devices’,‘publications’, and‘markets’were mentioned numerously,(3)CD-ROMs were discussed for a long time until 2009, and then tablet terminals were mentioned extensively thereafter, and (4) the authors of the articles were mostly magazine or newspaper writers, and most of the stakeholders mentioned were publishers or manufacturers.

論文本文
本文PDF (688K)
種別
原著論文