Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS071001)

著者
緑川信之
和文タイトル
構造‒表示方法説から見たランガナータンとヴィッカリーのファセット概念
英文タイトル
Concept of Facet of Ranganathan and Vickery from the Viewpoint of Structure-expression Style Theory
掲載号・頁
No.71, p.1-25
発行日
2014-06-20
和文抄録

【目的】本研究では,(1)Ranganathanの提唱した「ファセット」概念とは何か,(2)RanganathanとVickeryは分析合成型分類法とファセット化分類法の関係をどのように考えていたのか,(3)RanganathanとVickeryはファセットと基本カテゴリー(または共通ファセット)の関係をどのようにとらえていたのか,の3点に関して,構造–表示方法説の視点から分析した。

【方法】筆者は以前の論文で,Ranganathanの著作を逐次的に調査した。本稿では構造–表示方法説に基づいて前稿の結果の再分析を行った。構造–表示方法説では分類法の2種類の分け方を区別する。1つは構造面から階層構造分類法と多次元構造分類法に分け,もう1つは表示方法から列挙表示の分類法と合成表示の分類法に分ける,というものである。また,Ranganathanとの比較を行うために,やはり構造–表示方法説に基づいてVickeryの著作を調査した。

【結果】Ranganathanのファセット概念自体は「区分肢の総体」という単純なものである。しかし,Colon Classificationにおいてファセット概念とともに「独立要素から成る記号法」も導入されたため,ファセットを用いることと独立要素から成る記号法を用いることが一体化していると誤解されてしまった。また,独立要素から成る記号法も「分類記号の合成」と混同されてしまった。これら3つの概念は構造–表示方法説に基づけば明確に区別すべきである。これらの混乱が,Ranganathanの後の著作やVickeryの著作全体に影響を与えた。

英文抄録

Purpose: This study discusses three research questions from the viewpoint of structure-expres-sion style: (1) what is the concept of “facet” proposed by Ranganathan, (2) how did Ranganathan and Vickery consider the relationship between analytic-synthetic classification and faceted clas-sification, and (3) how did Ranganathan and Vickery consider the relationship between facet and fundamental category (or common facet).

Method: In a previous paper, the present author investigated each work of Ranganathan in chron-ological order. This paper reanalyzes the results obtained in the previous paper based on the the-ory of structure-expression style. This theory distinguishes two kinds of categorization methods of classification systems: one is by structure, either hierarchical or multi-dimensional, and the other is by expression style, either enumerative or synthetic. The writings of Vickery are also investigated and compared with those of Ranganathan based on the same theory.

Results: The concept of Ranganathan’s facet is “totality of the classes.” Although this concept itself is simple, a current misunderstanding is that facet may be used in combination with “nota-tion consisting of plural independent elements,” because both of these are adopted in the Colon Classification. Notation consisting of plural independent elements has also been confused with “composition of class numbers.” These three concepts should be distinguished definitively based on the theory of structure-expression style. These confusions influenced the later works of Ranganathan as well as the entire body of work of Vickery.

論文本文
本文PDF (645K)
種別
原著論文