Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS077027)

著者
白才恩; 徐有珍
和文タイトル
日本と韓国における図書館情報学研究者の研究主題の比較分析:2000~2014年度の博士学位論文を対象に
英文タイトル
Library and Information Science Doctoral Dissertation Research in Japan and Korea: Topics and Trends from 2000 to 2014
掲載号・頁
No.77, p.27-50
発行日
2017-06-30
和文抄録

【目的】本研究の目的は,2000年度から2014年度までに日本と韓国において発表された図書館情報学の博士学位論文を比較分析し,両国における図書館情報学研究の特徴と動向を明らかにすることである。【方法】2000年度から2014年度までの15年間に日本と韓国において発表された図書館情報学の博士学位論文(日本の博士学位論文112編,韓国の博士学位論文255編)の主題分析を行った。博士学位論文の分類には,独自に作成した日本と韓国の両国に適用可能な図書館情報学研究の主題分類表を用いた。この主題分類表は,先行研究の調査を通じて収集した複数の主題分類表をマッピングしたものであり,10項目の大主題と78項目の小主題で構成されている。主題分析では,両国の博士学位論文を大主題に分類し,そのうち博士学位論文が多く発表された大主題はさらに小主題に分類して詳細に分析した。また,5年ごとに各主題の論文数と割合を調べ,主題の変化を検討した。【結果】研究結果は次の通りである。(1)日本と韓国の両国において図書館情報学の博士学位論文が最も多く出された主題は「情報学」である。特に日本では「情報学」が全体に占める割合が約46.4%に及ぶが,他の全ての主題は10%以下に留まり,研究関心が「情報学」に偏重している。(2)「情報学」の次は,日本の場合「図書館学全般」,「資料組織」,「書誌学」などの順であり,韓国の場合「図書館運営」,「図書館サービス」,「資料組織」の順である。(3)韓国に比べて,日本では「書誌学」に対する関心が高く,「図書館運営」と「図書館サービス」に対する関心は低い。(4)両国において「資料組織」分野の研究は徐々に減少する傾向であり,「蔵書構築(管理)全般」分野の研究は少ない。

英文抄録

Purpose: This study investigated the characteristics and trends of library and information science doctoral dissertations published in Japan and Korea from 2000 to 2014.

Methods: Subject analysis was conducted on 367 doctoral dissertations published in the past 15 years: 112 in Japan and 225 in Korea. For the analysis, a subject classification scheme of library and information science was developed by mapping several subject classification schemes used in studies conducted in Japan and Korea in the past. This new classification scheme consists of 10 major categories and 78 minor categories. The doctoral dissertations of both countries were classified into major and minor topics according to this classification system. The trends and changes in topics over the years were also examined by looking at the ratio and number of dissertations within each subject field.

Results: (1) The number of doctoral dissertations has increased over time both in Japan and Korea. (2) “Information Science” is the subject most studied in both countries, accounting for almost half (46.4%) of all the doctoral dissertations in Japan, with other subjects accounting for less than 10% each. (3) The topic of Information Science is followed by “Library and Information Science in General”, “Organizing Library Material”, and “Bibliography” in Japan while in Korea the topic of Information Science is followed by “Library Management”, “Library Service”, and “Organizing Library Material”. (4) In Japan, there are more dissertations about bibliography than in Korea, but there are fewer dissertations on “Library Management” and “Library Service” in Japan than in Korea. In both countries, doctoral dissertations on “Organizing Library Material” have decreased slowly over time, and very few dissertations deal with “Collection Development (Management) in General”.

種別
原著論文