Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS078027)

著者
上岡真紀子
和文タイトル
米国におけるビブリオグラフィックインストラクションから情報リテラシーへの転換
英文タイトル
A Shift from Bibliographic Instruction to Information Literacy in the United States
掲載号・頁
No.78, p.27-53
発行日
2017-12-30
和文抄録

【目的】本稿の目的は,米国の図書館界におけるビブリオグラフィックインストラクションから情報リテラシーへの転換がどのように生じたのかを明らかにし,その意義を考察することである。【方法】米国の図書館界で情報リテラシーについて書かれた文献をもとに検証する。【結果】米国における情報リテラシームーブメントは,1980年代の教育改革の要請の中で開始された教育改革のムーブメントである。その理念は教育改革の実現であり,ビブリオグラフィックインストラクションが目指していた図書館員による教育の拡大ではなかった。当初,情報リテラシームーブメントの理念は図書館員たちに誤解され,図書館界の内部に葛藤をもたらした。しかし,情報リテラシームーブメントの理念への理解は徐々に広まり,図書館員たちの認識は,「図書館員が教育を行うこと」の重視から,「学内改革の実現への貢献」の重視へと転じていった。その結果,図書館員たちの実践は,直接学生を教育することから,教員たちの意識を改革し,情報リテラシーによるカリキュラムと授業改革を支援することへと拡大していった。ビブリオグラフィックインストラクションから情報リテラシーへの転換の意義は,図書館員たちが,それまでの情報利用教育の提供者から,情報リテラシーによる教育改革の推進者へと転じ,図書館員が教育改革に直接関与していく道を開いたことにある。この転換以降,教育改革としての情報リテラシームーブメントは,理念だけでなく,実質的に機能し始めることになった。

英文抄録

Purpose: The purpose of this paper is to clarify the shift from bibliographic instruction to information literacy in the United States and to examine its significance.Methods: Based on the literature and practical reports by librarians, the paper considers the discussion about information literacy.Results: The Information Literacy Movement in the United States is an educational reform movement that started during the educational reforms in the 1980s. Its philosophy is not to expand education by librarians but to implement educational reform. Initially, the philosophy of the information literacy movement was misunderstood by librarians and caused conflicts within the library world. However, as librarians' understanding of the philosophy of the movement gradually spread, their recognition shifted from the emphasis on “education by librarians” to their “contribution to the realization of educational reform.” As a result, librarians' practice expanded from simply educating students to changing the awareness of faculty members, supporting them to revise curriculums, and improving classes through information literacy.The significance of the shift from bibliographic instruction to information literacy is that librarians are turning from providers of education on information use to promoters of educational reform through information literacy. This has allowed librarians to become directly involved in educational reform. Following this shift, the Information Literacy Movement as a form of educational reform has started to have a substantial impact, thus shifting from the theoretical to the practical.

種別
原著論文