• 2019年度三田図書館・情報学会研究大会は2019年11月16日(土)に慶應義塾大学三田キャンパス東館G-Labにて開催いたします。発表申込は9月25日(水)午後6時締切です。奮ってお申し込みください。詳細は研究大会のページをご覧ください。併せて、ラウンドテーブル「社会科学領域における研究データの公開と共有:図書館情報学での実践に向けて」を開催いたします。[2019年9月17日]

  • 第181回月例会「学校図書館と教育改革(仮題)」(発表者:根本彰氏(慶應義塾大学)というテーマで2020年2月1日(土)に開催します。詳しくは,月例会のページを参照してください。[2019年9月17日]

  • 2019年度の研究助成の申請を受け付けます(締め切り:7月10日正午)。詳しくは,研究助成のページを参照してください。[2019年6月15日]

  • 2018年度三田図書館・情報学会賞には,上岡真紀子君による「米国におけるビブリオグラフィックインストラクションから情報リテラシーへの転換.Library and Information Science. 2017, no.78, p.27-53.」が選ばれました。[2018年10月15日]

  • 2018年度研究大会は盛況のうちに終了しました。発表論文集のPDFファイルを公開しました。[2018年10月15日]

  • 研究大会でのベスト・プレゼンテーション賞は学生・大学院生の身分を明示した登壇発表者を対象に,プログラム委員の合議により選出しました。受賞者は,吉澤小百合氏(「 学校図書館専門職養成制度の構造的な特徴と課題:パワーポリティクスの視点から」)です。研究成果の厚みをうかがわせつつも分かりやすく説明していたこと,個々のスライドの文字数が多いきらいはあるものの,スライド全体は分かりやすく構成されていたこと,および質疑において的確に回答していたことなど,プレゼンテーションの技法と態度において優れていたことなどが評価されました。受賞スライドを公開しています。[2018年10月15日]

  • 「委員会」のページを改訂し、運営委員会報告(議事抄録、決算、予算)および学会の将来構想ワーキンググループの報告書もあわせて掲載しました。この将来構想 ワーキンググループの報告書が運営委員会で了承されたため,学会誌Library and Information Scienceは今後完全電子化(冊子体の廃止)を目指します。詳しい日程や手順については決まり次第,お知らせいたします。[2018年8月5日]





  • 個人会員(年額 3,000円
  • 機関会員(年額 5,000円


入会を希望される方は必要事項をご記入の上,下記の学会事務局まで,封書・葉書やEメールにてお送りください。

〒108-8345
東京都港区三田2-15-45
慶應義塾大学文学部図書館・情報学専攻内
三田図書館・情報学会


郵便振替口座番号: 00100-5-3403



  • 三田図書館・情報学会 


  • ページデザイン変更:2005/03/25 池内淳氏作成

ホーム | 学会誌 | 研究大会 | 月例会 | 学会賞 | BP賞 | 研究助成 | 委員会

 当サイトに含まれる内容は,三田図書館・情報学会が著作権を有しており,その扱いは日本の著作権法に従います。著作権法が認めた範囲を超えて,当サイトの内容の全体もしくは一部を,当学会に無断で複製し,頒布あるいは閲覧させる等の行為を禁じます。
 当サイト内の各ページへのリンクは,商用,個人用を問わず許諾を得る必要はありません。しかし,当方の不利益になるようなリンクはお断りします。